FC2ブログ
ピアノ
2010 / 10 / 05 ( Tue )
今日は一カ月ぶりのピアノのレッスン。

やっと合格
ベートーベン、ピアノ・ソナタ第25番ト長調 Op.79第三楽章。
この曲、テンポが速いうえに、右手は16分音符で左手は3連符、または左手が16分音符で右手が3連符(しかも休符をふくむ)のリズムとりに悩まされ、短い曲なのに、長~いこと時間がかかってしまった。

それでも、長い時間弾きこむことで面白い発見もある。
子どもの頃は、ただ弾くことだけに一所懸命で、曲の解釈など考えたこともなかった。
もちろん、作曲者の意図など思いも及ばず。

大人になってから再開したピアノは、検定試験があるわけでもなく、人前で弾くこともない。
練習しなければ、とか、うまく弾かなくては、というプレッシャーもまるでない。
けれど、不思議と、今のほうが練習熱心だったりする。
多分、誰のためでなく、自分のためだけに弾いているからなのだろうな。
少しでも自分の納得のいく演奏がしたい、気分良く弾きたい。

ピアノを「弾かなくてはならなかった」子どもの頃に、これだけ練習していたら、もっと上手になってたろうになぁ。

今回も、左手の16分音符をできるだけなめらかに弾きたくて、ハノンをおさらいした。
自分の限界のスピードで、どれだけ長時間弾けるかにチャレンジしてみた。
単純な反復。弾いているときは何てことなかったのに、夜中、腕のダルさで目が覚めるはめになってしまった。
情けない。
でも、しばらくハノンおさらい、続けてみよう。

スポンサーサイト



日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今日は・・・ | ホーム | 釣果♪>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://allergynonnon.blog17.fc2.com/tb.php/15-4d1b2c23
| ホーム |